アルティスタ浅間

公式Facebook公式Twitterアルティスタを応援する公式 ONLINE SHOP

アルティスタ浅間HOME >> 試合 >> ゲームレポート >> 試合後・小林監督コメント(坂井フェニックスSC 2-4 アルティスタ浅間)

試合後・小林監督コメント(坂井フェニックスSC 2-4 アルティスタ浅間)

第6節(6月24日)を終えて

試合を振り返って

アウェイゲームと言うこともあり、難しい試合展開になることは想定しておりました。自分達が準備したものをしっかり出し切れば、結果に繋がると信じて戦いましたが、事前のミーティング通りの展開でゲームを進めることができませんでした。走力的にも中々運動量が上がらず、あまり良い内容ではありませんでした。

しかし、アウェイゲームで勝ち点3を獲得するという最低限の結果を残すことができ、次戦のサウルコス戦に繋がる戦いができた事に関しては評価したいと思います。

途中出場2得点、塩沢選手をどう評価されますか

彼を投入することはシュミレーションの中で想定しておりましが、2-2の拮抗した展開での投入は想定外でした。しかし、流石は長年プロとして活躍し、自分の働き場所を知っているなと感じましたし、苦しいチームを救ってくれた事に感謝してます。

次戦前期最終戦、そしてサウルコス戦となりますが、この一週間どのような準備を進めたいですか

シーズン当初から全勝でサウルコス福井戦を迎えるという目標があり、まずはそこを達成出来た事を嬉しく思います。ただ、サウルコスはこれまでの対戦チームの中では一番手強い相手であることは間違いないと思います

更に我々は昨シーズン優勝を逃しており、チャレンジャーの立場であるので大胆かつ繊細にトレーニングを積んでいきたいと思います。また、次節も沢山の方々にご来場いただけるかと思いますので、その期待に応え、アグレッシブな試合をできるよう準備を進めていきます。

本日も遠い福井まで沢山のご声援をありがとうございました。

公式 Twitter

公式 Facebook

アルティスタを応援する

ページのトップへ戻る